雑巾を持つ女性

便利サービス

粗大ゴミを捨てるには

最近はちょっとした大きさの物であっても、一般ゴミとは区別され、粗大ゴミとして扱われてしまいます。例えば、大阪市であれば、最大の辺または経が30センチを超えるものが、粗大ゴミとして扱われてしまうため、一般ゴミとして捨てることはできません。 さて、この粗大ゴミ、どうやって処分すれば良いのでしょうか。 粗大ゴミの処分には、市区町村の粗大ゴミ回収事業に依頼するか、民間の粗大ゴミ回収業者に依頼する方法があります。 市区町村の粗大ゴミ回収事業に依頼する場合は、各自治体の手続きに沿って回収依頼を行います。 民間の粗大ゴミ回収業者を利用する一般的な方法としては、まず直接業者に電話するか、ホームページからインターネットやメールで問い合わせます。 その際に、回収希望日時やゴミの量を業者に伝え、回収日時を決定します。 あとは当日、業者に粗大ゴミを持って行ってもらうだけ、と非常に簡単なステップで利用できます。

粗大ゴミ回収業者の利用者が多い理由とは

確かに不用品を捨てずに売る方が経済的かのように思えます。 しかし、実際粗大ゴミを売るとすれば、オークションであれ買取業者であれ、値段の決定や見積もり、発送など煩雑な手続きを必要とします。 その手続きの煩雑さから、売ることに決めてもなかなか腰が上がらず、家の中も片付かないという人も多いようです。 この点、粗大ゴミ回収業者に依頼してしまえば、前述のように電話一本でお家の中がスッキリするのが人気の理由です。 また、市区町村でも粗大ゴミ回収事業がありますが、この制度は自分で指定ゴミ捨て場まで運ばなければならない事や、指定日が限定されることがあります。 粗大ゴミ回収業者に依頼すれば、家に回収しにきてくれます。この便利さも、近年の粗大ゴミ回収業者の利用人気の一つと言えるでしょう。